風力発電 | 風力エネルギー

 
 

陸海上の風力発電機 ケーブルマネジメント

風力タービンは、多くの部品が連動する強力な機械です。今日、メーカーは、タービンをさらに大型化・高出力化すると同時に、収益のために製造コスト削減という課題に直面しています。そのため、メンテナンスの容易化、設置時間の短縮、停止時間の低減がますます重要になっています。ケーブル配線・ケーブルマネジメント・EMC技術の分野で、アイコテックは高効率で経済的なソリューションを提供します。

アイコテック社製分割式ケーブルエントリフレームおよびケーブルグランドは、あらかじめ組み立てられたケーブル(多極電源プラグ・モータープラグ・センサープラグなど)を切断せずに、制御盤・筐体・機械の壁から挿入し、IP66/IP68までシールし、同時にEN 62444に準拠したストレインリリーフを行うことができる、迅速で安全かつコスト効率の高い方法です。

ネクタ無しのケーブルや空圧・油圧ホースは、メンブレン型ケーブルエントリプレートを使用して配線することができ、IP 66/IP 68まででシールすることができます。ケーブルグランドの多くは角型産業用コネクタ(ハーティング社・Wieland社など)の標準取付穴に適合しているほか、丸型メートル規格M16~M85の取付穴に適しています。設置に関しては、多くの制御盤メーカー(リタール社・ホフマン社・フィボックス社など)の制御盤ベース用フランジプレート・ベースプレート・アクセサリを用意しています

ケーブル配線の分野で、アイコテックは様々な取り付けタイプのストレインリリーフプレートを各種用意しています。

» KEL-ER-EケーブルエントリフレームIP66:風力タービンのピッチ制御システムでの丸型Mコネクタ組み複数制御ケーブル配線とストレインリリーフ

風力タービンのナセル内部

 

EMCの分野では、 SKLケーブルシールドクランプは、低コストで非常に効果的な方法で、高周波の干渉をケーブルのシールドで直接迂回させることができます。シールドクランプとケーブルシールドの接触面積は、従来のEMCスプリング端子やネジ端子に比べて約50%増加しました。
 

風力発電所におけるアイコテック製品の適用分野

  • コントロールパネル/キャビネット
  • 風車の翼用ピッチ制御システム
  • エネルギーおよびデータ転送用のスリップリングアセンブリ
  • 外部計測器の接続/内部
  • 照明とインテリア
  • ナセル内のケーブル配線
  • タワー内のケーブル配線
  • 状態監視システム
  • 発電機
  • 変圧器
  • 交流インバータ
     

アイコテックの製品は高品質で優れた効率性を特長としています。すべての製品は、最初の設置だけでなく、メンテナンスや後付けのために素早く簡単に設置でき、ケーブルを装備することができます。

多くの製品は、耐腐食性のV2Aネジーを採用しているほか、金属要素を一切使用していないものもあり、オフショアでの使用も可能です。

数々の認証(高いIP保護等級、UL50Eに準拠したUL評価、UL認証、DNV-GL認証、RINA認証、UV耐性など)により、アイコテックは風力エネルギー産業の信頼できるパートナーです。

 

特別なご要望もよろこんで!

 

私たちは、お客様の特殊なオートメーション技術のご要望にも喜んでお応えし、個々に合わせたソリューションを開発させていただきます。

お気軽にお問い合わせください:
 
メール:japan@icotek.com
 
 

その他の産業