EMC シールドクランプ

リベット固定

EMCシールドクランプを使用する場合には、ケーブルのシールドをアース電位に接続する必要があります。シールドクランプは、扱いやすくシールドの接地に効果的です。

EMCケーブルクランプは、シールド部円周とに広い接触面積を保ちます。アイコテック社のEMCシールドクランプを使用すると、従来のシールドブラケットと比較して、最大50%広い接触面積を確保することができます。指定したクランプ範囲は最大10%を超えることができます。

幅広くクランプできるように設計されていますが、寸法は比較的小さいです。(例: MSKL3-12、シールドケーブル径12mmでの組み立て: 幅26.25 mm)

シールドクランプはリベットで簡単に取り付けることができます。

仕様

材質 シールドクランプ: バネ鋼、亜鉛メッキ
特性 耐震
取付け型式 リベット結合

特⻑とメリット

  • 広い接触面積
  • 一体型のシールド接触とストレインリリーフ
  • スプリング構造により調整が不要で、恒久的にケーブルシールドに接触
  • すべて組付けても省スペースを実現
  • MSKL: 広いクランプ範囲により、広いケーブル外径に対応するために必要な各種サイズの製品を軽減
  • 耐衝撃性および耐振動性、メンテナンスフリー

製品タイプとサイズ

まだ適切なものが見つかりませんでしたか?

ProductFinderをお試しください

に適し:

こちらの製品にも関心があるかもしれません